贈与税特例

贈与税特例とは何か?

贈与税については税軽減制度が相続税の特例として定められています。
相続税の特例は時限立法であり、新法も出きてきますので、素人が法律変更を知るのは至難の業です。新日本総合事務所など専門家に相談するのが賢明です。
贈与税の特例で取り上げられるのは土地と住宅が多く、贈与先では配偶者です。したがって、土地や住宅の資金として贈与を考えるときは新日本総合事務所など専門家に相談されたらいいでしょう。ここでは贈与税の特例として「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税特例」と「住宅取得等資金に係る相続時精算課税制度の特例」の概要を紹介します。直系尊属から20歳以上の直系卑属に対して一定の住宅用家屋を取得するための資金又は一定の住宅の増改築や大規模修繕のための資金の贈与があった場合には、その贈与を受けた住宅等取得資金のうち省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋の場合については、平成26年中の住宅取得等資金贈与について1,000万円まで贈与税を非課税になります。省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋以外の一般住宅については、平成26年中の住宅取得等資金贈与500万円までが贈与税は非課税です。

 

相続時精算課税制度

相続時精算課税は高齢者の財産を生前相続させるための制度ですので、65歳以上の親から20歳以上の子(養子、代襲相続人を含む)への贈与でなければ適用されませんが、贈与税の特例として相続時精算課税選択の特例があります。
 平成15年1月1日から平成26年12月31日までの間の措置として、20歳以上の子が贈与者(親)から贈与を受けた資金が、新築で50 以上、増築、改築、大規模修繕等も50 以上、耐火建築物では築後25年以内 非耐火建築物なら築後20年以内、などの要件を満たす住宅の新築、取得又は増改築に充てられた場合には、贈与者である親の年齢が65歳未満であっても相続時精算課税を選択することができます

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑