贈与税金

贈与税金とは何か?

贈与とは被相続人が相続人、あるいはそれ以外の人に目的を持って贈ったものであり、将来的に財産価値のあるものを言います。贈与は自分の財産を無償で相手に与える意思表示をし、相手が承諾することによって、その効力が生じますが、贈与したから税金は贈与税が課税されるとは限りません。贈与する人の死後に贈与が行われた場合の税金は相続税が課せられます。つまり、贈与には生前贈与と死後の贈与があり、生前贈与の税金は贈与税ですが、死後に贈与した時の税金は相続税です。

 

死後贈与とは何か?

死後贈与には、自分が死んだら贈与するという契約書を生前に結んでおいて、自分の死後に贈与契約を履行する死因贈与と言う方法があります。故人となった人が生前に約束した贈与ですが、契約の履行が死後になりますので死因贈与の税金は相続税になります。
死因贈与は契約書ですから、取り消しができません。たとえば、贈与人が他人に貸していた土地を現状のまま贈与するという贈与契約で、死後に調べたら多額の借金が出てきても取り消すことはできません。死後に贈与するやり方としては遺言に贈与すると記載して贈与する方法がありますが、贈与には同意が必要ですから、遺言書に書いてあっても、借金が多いとか、もらえばトラブルに巻き込まれる場合には贈与を拒否することができます。
遺言により贈与を受ければ税金は相続税が課せられます。つまり、贈与者が生存中に実行した贈与の税金は贈与税、贈与者の死後に実行された贈与の税金は相続税になります。
同じ贈与であっても贈与税を支払う場合もあれば相続税を支払う場合もあります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑