贈与

贈与とは何か?

贈与は、被相続人が相続人、あるいはそれ以外の人に目的を以て贈ったものであり、将来的に財産価値のあるものを言います。「結婚資金を出してもらう」のは贈与ですが、「結婚祝い金」を貰うのはプレゼントで贈与になりません。同じように、海外留学をさせてもらえば財産価値が残りますが海外旅行の資金を貰うのであればプレゼントです。
民法第549条には「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる」と規定されています。
これは贈る人と貰う人が、お互いに納得したうえで行なわれる行為ですので、贈る人である被相続人と貰う人の契約になります。契約には口約束と契約書による契約の二種類があります。口約束であれ、書面約束であれ、実行しなければならない義務があるのは同じですが、口束であれば履行されていなければ取り消すことができますが、契約書を交わした場合は取り消すことはできません。

 

死因贈与とは何か?

これには生前贈与の他に、「自分が死んだら贈与する」と契約する死因贈与があります。
生前贈与には贈与税がかかり、死因贈与には相続税がかかります。自分の死後に財産を方法としては、遺言に記載して、自分の死後に遺産を贈与する遺贈があります。
遺贈は被相続人の一方的行為ですので、受けた人は相続放棄できますが、死因贈与は契約ですので、贈る人が亡くなれば、贈られる人は契約を履行する義務があります。
つまり、相続税が多いからなどの理由があっても契約は破棄できません。
死因贈与の契約書は遺言書のように厳格な規定がなく容易に作成できるというメリットがありますが、契約履行義務が伴います。遺贈は手続きが面倒ですが、被相続人の一方的な行為ですので、受けるか否かを選択してもらえます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑