農地相続

農地相続とは何か?

農地の相続は、農地を分割して相続させれば、後継者の農業経営が成り立たず、農地分割相続をさせなければ、相続人の平等な相続ができず、というジレンマを抱えた難題です。
この難題がおきる背後には、市街地にある農地値上がりがあります。
農地評価が低ければ、売却しても大した金にならないため、後継者以外の相続人に農地を相続させる必要もなくなりますが、市街地農地は 価格も高く、農業委員会に届出すれば売却できますので、農地相続せず、資産価値のある土地として相続して売却するケースが多くなります。相続分割した結果、親とともに農業に従事していた相続人は農業経営が立ち行かなくなり、農業から離れていた相続人が財産を手に入れます。
農地の相続問題は、日本農業が背負う宿命ともいえますが、市街地にある農地の場合資産価値が高いため、農業従事者であった父親が亡くなると往々にして相続争いになります。

 

生前に財産の処分を決めてしまうのが賢明

識者は、生前に財産の処分を決めてしまうのが賢明な方法であると言われます。つまり、生前贈与するか遺言で農地相続させるやり方です。
生前贈与にすれば後継者の地位は安定し、納税猶予の特例がうけられます。
また、農地分割の場合は、家庭裁判所に申請して、相続人に遺留分を放棄してもらうこともできますので、遺言により相続分の指定や分割方法を指定がきます。
農業経営の規模や所在地と面積、相続人の構成により農地相続についての、対応策が代わってきますので新日本総合事務所に相談するのがいいでしょう。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑