遺産分割協議

遺産分割協議とは何か?

被相続人の遺産を共有している状態を解消して、遺産について相続人で協議することを遺産分割協議といいます。故人の死後いつまでに分割をしなければならないという期限はありませんが、なるべく早い時期に遺産分割協議を行った方がいいでしょう。なぜなら、故人が死亡してつまり相続が開始されてから3カ月過ぎると、相続人は遺産相続を放棄することも、「資産の範囲で債務を負担する」という限定承認もできなくなるからです。これはつまり、法定相続人が被相続人の遺産を共同相続したことになります。
相続した遺産が現金や預貯金であれば簡単に遺産分割できますが土地や建物となると一筋縄にはいきません。分割する方法としては、「土地と家屋は妻に、株式は長男に」というように遺産をあるがままの形で分割する方法がありますが、不動産など遺産の一部または全部を売却して、そのお金を相続人で分ける換価分割という方法もあります。

 

相続人の一人でも欠いたら遺産分割はやり直し

遺産分割協議は、相続人全員の参加が大原則ですので、相続人の一人でも欠いた状態での協議は無効になります。遺産分割を決めた後で「自分も相続人」という人が現れた場合、遺産分割をやり直さなければなりませんので、誰が相続人か不確かな場合は、分割協議を始める前に被相続人の戸籍謄本等を調べて相続人を確定させる必要があります。
分割協議では共同相続人全員の合意が必要ですが、だからと言って共同相続人が一同に会して協議する必要はありません。相続人の1人が分割の原案を作って、持ち回りで各相続人の承諾を得ればいいことです。
遺産分割協議が成立したときは、後日、トラブルが起きるのを避けるため、「遺産分割協議書」を作成し合意を証するため全員が署名捺印し、各自が一通保管します。
遺産分割協議書は後日、相続した不動産を登記する場合や、凍結されていた預金などの名義変更をする際に必要となります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑