遺産放棄

遺産放棄とは何か?

相続人が相続予定遺産を放棄することを遺産放棄と言います。プラスの遺産は相続し、マイナス遺産は遺産放棄できればいいのですが、法定相続人は、故人が息を引き取った時点で、故人が遺したプラス財産もマイナス財産も丸ごと引き継がなければなりません。それが、国から法定相続人に課された義務です。
相続人は、中身が分からないまま引きとった遺産を、仕分けして債務が多いことがわかれば、家庭裁判所に「遺産相続放棄」の旨を申請し認可を受けることにより、一旦相続した遺産相続を放棄することにより全ての遺産の遺産放棄ができます。

 

遺産放棄は家庭裁判所での申請が必要

国は、被相続人が死亡した時点で、法定相続人に遺産を相続する義務を負わせていますので、相続人が債務だけを背負い込む事態に陥らないように救済制度を設けています。
引き継いだ遺産を仕分けして債務が資産を超過していれば、相続人は家庭裁判所に「遺産相続を放棄する」旨の申請をして相続を放棄することにより遺産放棄できます。また、債務超過かどうか不明の場合、「相続した遺産の範囲内で、債務を負担する」こともできます。
この場合は家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して認可を受けます。
法定相続人は被相続人から財産も借金も丸ごと相続しますが、相続が開始してから、つまり、被相続人が死亡してから3か月以内であれば、家庭裁判所に申請して、国との相続契約(義務)をいわばクーリングオフすることにより、遺産放棄をすることができます。
故人の死後、つまり国と相続契約をしてから3か月以内に、家庭裁判所にクーリングオフを申請しないと相続放棄ができなくなり、放棄はできません。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑