遺産相続人の範囲

遺産相続人の範囲とは何か?

遺産相続人の範囲とは、故人が残した財産を引き継ぐ権利を有した人が、資産より借金の方が多かった場合でも、遺産を相続しなければならないことをいいます。つまり、遺産相続人の範囲として考えると遺産相続人は、故人の遺産を引き継ぐ義務を負わされた人とも言えます。
遺産相続人の範囲は民法で決められています。民法では相続人を配偶者相続人と血族相続人の二つに分けます。配偶者相続人とは故人と正式に結婚して戸籍に記されている配偶者です。
問題になるのは法律上の配偶者かどうかですから、長年別居生活を続けていて離婚状態の生活をしているとか、離婚調停を進めている最中でも、被相続人が息を引き取った時点で戸籍上の配偶者であれば相続権があります。同居している内縁関係の愛人は、戸籍上は配偶者でないため、遺産相続人の範囲ではありません。

 

血族相続人には非嫡出子も含まれる

配偶者は生存している限り相続人になりますが、血族相続人は相続人候補です。血族相続人には第一順位から第三順位まで優先順位が付けられ、上位者がいない場合に限り下位者が相続できます。第一順位は直系卑属といわれる故人の子や孫。第二順位は直系尊属といわれる父母と祖父母。第三順位が兄弟姉妹と、その子である故人の甥・姪です。
遺産相続人の範囲として権利を有していた子どもが死亡していた場合、その子の子、故人の孫が代わって相続します。親の代わりに子が相続するのを代襲相続といいます。孫が死亡していれば、曾孫が再代襲相続をします。兄弟姉妹の場合も相続権を有した兄弟姉妹が死亡していると子ども、つまり故人の甥・姪が代襲して相続しますが、兄妹姉妹には再代襲相続はありません。血族相続人には、法律で親子関係ができた養子や婚姻届はしていないが父親に認知された非嫡出子も含まれます。法律上では養子も愛人の子である非嫡出子も相続分は嫡出子と平等となります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑