遺産相続人

遺産相続人とは何か?

遺産相続人とは、故人の遺した遺産を相続する人のことをいいます。遺産を相続できる権利を有する遺産相続人には民法で相続義務を負わされた法定相続人と故人が生前に遺言をして、贈与を指定した相続人があります。
法定相続人は、あなたは故人の遺産を相続しなければならないと定められた相続人であり、
法定相続人は、被相続人が息を引き取った瞬間から、故人の遺産に関する一切の権利と義務を引き継ぎます。民法は「死亡した人の遺産は法定相続人が全て相続し、相続人の責任で処分しなさい」と遺産相続人になることを義務と定めています。
義務の裏には権利が潜んでいます。遺産を相続して処分する義務が課せられた第一順位は配偶者と故人の子供や孫の直系卑属です。直系卑属がいない場合は、第二順位で配偶者と故人の祖先にあたる父母と祖父母の直系尊属。直系の卑属も尊属もいなければ第三順位で配偶者と故人の兄弟姉妹と甥・姪になります。
第三順位の相続人がいないときは、国が遺産を相続します。

 

遺言で相続人が指定されたら不本意でも実行しなければならない

誰が法定相続人かは被相続人が死亡した時の相続人が置かれた状況によって違ってきますので遺産相続人は被相続人が亡くなった時しか確定できません。
指定相続人は、被相続人が遺言書で相続(贈与)を指定した相続人です。
遺言書で指定すれば、だれにでも相続人の権利を与えられます。一般的には生前、世話になった人や企業などの法人組織、社会団体なども指定します。
遺言で愛人に産ませた子を認知すれば、非嫡出子として遺産を相続させられますが、認知せずに愛人と子を指定して遺産を贈与(相続)することもできます。
民法で定められた方式で作成された遺言書には法的拘束力がありますので、遺言が不本意な内容のものであっても、遺族は必ず遺言を実行しなければなりません。
遺産相続人には法定相続人と遺言で指定した指定相続人があります。指定相続人には法定相続人も、法定相続人以外の個人や団体などもあります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑