遺産相続借金

遺産相続借金とは何か?

人が死ねば、その人が所有していた預貯金や有価証券、土地などのプラス資産もローンなど債務のマイナス資産を丸ごと引き継ぐのが原則です。
人が死ねば、故人の遺産を放置できませんので、国は法定相続人を定めて、法定相続人に亡くなった人の預貯金もローンやマイナス財産も含めた全遺産を引き取る義務を課しています。
遺産相続権は、相続人には権利にみえますが、国からすれば故人の遺産を処分する義務を負わせた人になります。国は法定相続人に遺産相続引取り義務をおわせていますので、法定相続人にはマイナス財産をも背負う義務が生まれます。法定相続人には、遺産相続で借金を含めた遺産を引き継ぐ義務がありますので、マイナス財産の相続だけを拒絶することはできません。

 

限定承認や相続放棄は3ヶ月以内

法定相続人は、被相続人が死亡した時、その時に相続人が所有していたプラス財産もローンなどのマイナスの財産も引き継ぐ義務を負わされますので、後日、遺産の内容を調査してマイナスの財産が多く相続したくないときは、故人の死亡を確認してから3か月以内に、家庭裁判所に申請をして遺産相続で借金を含めて全遺産の相続を放棄することができます。
相続する遺産に会社がある場合、マイナスの財産が多くても、会社の信用があるため立て直す自信があれば、相続することもあります。いずれにしても被相続人の遺産相続は借金を含めて相続するかしないかのオール・オア・ナッシングの世界です。ただし、遺産内容が不明な場合には、相続人は家庭裁判所に申請すれば「資産範囲内で債務を弁済する」という遺産を相続する限定承認もできます。法定相続人は遺産相続では借金も含めて相続しなければなりませんが、ローンなどが多いため相続したくないときは、相続の放棄を家庭裁判所に申請して認められれば遺産相続で借金を相続することは無くなります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑