遺産相続兄弟

遺産相続 兄弟とは何か?

故人の遺産相続する権利がある相続人には配偶者相続人と血族相続人の二つがあり、血族相続人には直系卑属と直系尊属と兄弟と姉妹の三つがあります。
直系卑属とは故人の子孫になる子どもや孫、曾孫などであり、直系尊属とは、故人の祖先にあたる父母や祖父母です。遺産相続では直系卑属が第一順位ですので故人に直系尊属がいると故人の父母や祖父母には相続権がありせん。故人に直系尊属がなく、父母祖父母もいない時、故人の兄弟姉妹が遺産相続をすることになります。
相続人が配偶者と兄弟や姉妹の場合、配偶者の相続分は四分三、兄弟や姉妹の相続分が四分の一です。兄弟姉妹が複数いる場合は均等に分与されます。
死亡した兄弟姉妹で子どもがいる場合、すなわち被相続人の姪や甥がいた場合、死亡した兄弟姉妹にかわって被相続人の遺産相続します。被相続人の配偶者が死亡していた場合、被相続人の全て兄弟姉妹遺産相続します。

 

兄弟姉妹には遺留分がない

遺産相続における兄弟姉妹相続人の第一順位、第二順位の相続人と異なるのは「遺留分がない」ことです。故人が遺言で遺産を贈与する場合、直系卑属である子どもや直系尊属である父母には遺留分を遺さなければなりませんが相続人が兄弟や姉妹の場合は遺留分を遺す必要がありません。亡くなったのが長男で配偶者が残った場合、一般的に、長男家と兄弟姉妹とは付き合いも疎遠となっているため、兄妹や姉妹は配偶者の生活に配慮せず、自分たちの取り分を要求することが多々あります。
最近は土地価格が高くなったため、宅地と家を所有していると、兄弟姉妹に相続分を渡すためには土地を処分せざるを得なくなります。こんな場合、「全財産を妻に贈与する」と遺言しておけば、兄妹や姉妹には遺留分がないため妻に全財産を渡すことができます。
相続人が、付き合いのない兄弟や姉妹の場合、自分の死後も配偶者が安心して生活できるように、全財産を配偶者に相続させるという遺言をするのが賢明な策です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑