遺産相続割合

遺産相続割合とは何か?

故人の遺した財産が、いくらあるかも分からない状態で、相続人は遺産分割を進めますので、遺産分割協議をする場合には、全遺産を一として、各相続人の遺産相続の割合をどうするかを協議をします。法定相続人の相続分も、相続人が相続する遺産相続の割合で示し遺産の3分の1とか4分の1などとして示しています。
被相続人の遺言がない場合、民法は被相続人の遺産が相続できる権利者を「法定相続人」として定め、各相続人が相続できる遺産相続の割合を「法定相続分」として定めています。
相続人が配偶者と子どもの場合、配偶者の全遺産の2分の1です。
複数人の子どもがいる場合は、こどもの遺産相続の割合である2分の1を子どもの数で均等分して相続します。子供が2人なら、各々4分の1、3人なら、各々6分の1になります。被相続人に、子どもや孫と言った直系卑属がなく、父母、(死亡している時は祖父母)がいる場合。配偶者の遺産相続の割合は全遺産の3分の2になり、父母(祖父母)は全遺産の3分の1になります。
直系の卑属も尊属もいない場合、配偶者には全遺産の4分の3がいくことになり、兄弟姉妹は4分の1です。

 

配偶者と直系血族の相続人には遺留分がある

被相続人は遺言により遺産を贈与できますが、配偶者や子ども父母などの直系血族相続人には一定の遺産分を相続させる義務がありますので、遺産を全て自分の思い通りに贈与することはできません。この一定遺産分を遺留分と言います。遺留分を侵害した被相続人の遺言部分は無効になりますので、遺留分を侵害された相続人は遺贈を受けた人に返却請求できます。傍系の兄弟姉妹には遺留分はありませんが、配偶者と直系血族の相続人には遺留分がありますので、被相続人は遺言する場合、配偶者と子供には法定相続分の2分の1、父母や祖父母には法定相続分3分の1を遺留分として相続させなければなりません。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑