遺産相続孫

遺産相続孫とは何か?

故人の遺産相続する権利がある人を相続人と言います。被相続人は遺言をすれば相続人を指定できますので、故人の遺言に「孫の○○には◇◇を相続させる」とかかれていれば、◇◇を孫が相続します。
遺言がない場合の相続人には配偶者相続人と血族相続人があります。配偶者相続人は遺産相続権がありますが血族相続人には相続権が行使できる順位が定められています。
第一順位は被相続人の子どもの系列、第二順位が被相続人の父母の系列、第三順位が被相続人の兄弟姉妹の系列です。被相続人の子どもが遺産相続しますが子どもが死亡したりして相続権を失っているときは、その子どもの子、すなわち故人の孫が遺産相続します。同じ立場の人が数人いるときは、均等に分けて遺産相続します。

 

相続欠格者や相続廃除で相続権を失う場合がある

たとえば、被相続人に配偶者と二人の子を持つ長男Aと三人の子を持つ次男Bがいて次男が亡くなっていた場合。配偶者の法定相続分は二分の一。子どもAとBの相続分は、それぞれ四分の一。長男Aは四分の一を相続しますので、Aの子である孫二人に相続分はありません。B相続分の四分の一は、Bの三人の子、被相続人の孫三人がBに代わって、それぞれ十二分の一を相続します。
孫からすると父が死亡していて、祖父や祖母が亡くなったときには、父に代わって祖父や祖母の財産を遺産相続します。母が死亡していて、母の父母である祖父・祖母が亡くなった時には、母にかわって祖父または祖母の財産相続をします。
ここでは死亡という言葉を使いましたが厳密には「相続権を失った」です。死亡すれば相続権を失いますが、生きていても被相続人を殺したとか、殺そうとして罪に問われれば相続欠格者になり相続権を失います。また、被相続人を侮辱したため、被相続人が家庭裁判所に「相続廃除」を申請して認可された者は相続権を失います。
相続欠格者や相続廃除された相続人の場合も、子どもや孫が代わりに相続します。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑