遺産相続弁護士費用

遺産相続弁護士費用とは何か?

遺産相続で弁護士や行政書士に依頼する内容はいろいろあって多種多様ですので、依頼する内容に基づいて費用を確認する必要があります。また、同じ依頼内容でも法律事務所や行政書士事務所によって費用の見積もり方法が異なりますので、一般的にはネットなどで費用とサービス内容を確認し事務所を訪問して、依頼内容を説明して見積もりをもらいます。
遺産相続で必要になる弁護士や行政書士費用には、遺産の相続の法的な知識が不足しているために業務を依頼して支払う弁護士費用や行政書士費用と、遺産の相続における紛争を解決してもらうために支払う費用の二種類があります。
まず、被相続人が遺言書を作成しようとしますと法律を順守した遺言書でなければ効力がありませんので民法の専門家である行政書士の手助けが必要です。弁護士や行政書士から遺言書作成のサポートを受けますと当然弁護士や行政書士費用が発生します。このとき、弁護士や行政書士に遺産相続をさせる時の遺言執行人を委託しますが、一般的に行政書士費用は弁護士費用の半分程度とされていますので、紛争になっている案件でなければ行政書士に頼んだほうが安く済みます。
もし遺産相続で紛争が起きれば解決するための弁護士費用が発生します。

 

遺産の相続に関する手続きには専門的な知識が必要

相続人の分割協議が紛糾すれば、相続期限が切られていますので家庭裁判所に調停を申請することになりますので弁護士費用が発生します。また、故人の遺言で遺留分侵害された相続人が遺留分減殺請求をしますと弁護士や行政書士の費用が発生します。
遺産の相続に関する手続きには専門的な知識が必要ですので、弁護士や行政書士は専門家の立場で家庭裁判所に申請する 相続放棄・限定承認サービスなどの業務代行を受託しています。遺産相続手続きに関しても、相続人調査(戸籍収集)遺産分割協議書作成などを受任し、不動産の相続登記なども遺産相続業務の一環として受け司法書士に処理してもらいます。
その他、遺産相続に関して必要な弁護士や行政書士の費用としては成年後見や任意後見、被相続人の非嫡出子の認知などがあります。遺産の相続で必要となる弁護士や行政書士は専門化が進み多種多様になってきていますので、実績があり信頼できる専門家に依頼することが大切です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑