遺産相続手続き

遺産相続手続きとは何か?

人が亡くなると故人の保有していた財産は保全され、銀行預金の引き出しや貸金庫も凍結されます。凍結された遺産は法定相続人の合意がなければ解除はできません。
遺産相続手続きとは、法定相続人が保全された遺産の凍結を解除して、遺産分割協議を行なって、各々の相続分を決定して、遺産を引き継ぐために行う手続きです。
遺産相続は法定相続人の確認から始めなければなりません。遺産は法定相続人全員が共有する財産ですので、遺産を処分するには全員の合意が必要になります。それゆえ、銀行も全相続人が合意した書類がなければ、保全した預金の引き出しに応じません。

 

離婚や子や孫が代襲相続する場合は法定相続人の確認が難しい

法定相続人の確認が難しいのは、親の相続権を子や孫が代襲相続している場合です。
相続権者が兄弟姉妹の場合であれば、子どもまでしか代襲相続はできませんが、直系血族の場合、子から孫、孫から曾孫へとエンドレスに相続権が移ります。
例えば故人が再婚していた場合。前妻の子は後妻とは疎遠にしていても、被相続人の実子ですので相続権があり、死亡していれば代襲相続は子どもから孫へと続きます。
法定相続人を確認後、相続人は遺産の内容調査を行い、調査の結果、債務が資産より多ければ家庭裁判所に申請して遺産相続放棄か限定承認を遺産相続手続きとして行います。
放棄しない場合は遺言書の確認に進みます。公正証書遺言書以外の遺言書があれば、相続人は遺産相続手続きとして家庭裁判所に持参して、開封。検認手続きを受けます。
相続人は遺言書の内容を履行し、遺言に書かれていない遺産についての分割協議、つまり、誰が何を、どれくらい相続するのかを決めます。全員が合意すれば、確認のために「分割協議書」を作成します。後は、各相続人が合意に基づいて相続した遺産について役所などへの届け出を行い、遺産相続手続きは完了します。
もちろん、相続した遺産に関する相続税の納税手続きも、遺産相続手続きの一つです。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑