遺産相続放棄

遺産相続放棄とは何か?

遺産の相続を放棄することを遺産相続放棄と言います。人が亡くなった場合、遺産を、そのままにはしておけませんので、国は相続人を指定して遺産を引きとる義務を課しています。それが法定相続人です。
ですから、法定相続人は、故人が死亡した時、財産がどれだけあり、借金がどれだけあるか分からないまま、亡くなった人の遺産をいわば仮相続させられます。
遺産相続は国が法定相続人に与えた義務ですので、相続人は亡くなった人の遺産内容が分からないまま被相続人の遺産を相続する仮契約をした形になります。
仮契約で遺産を相続した相続人が、遺産の内容を調査して、プラス遺産とマイナス遺産を仕分けした結果、債務が多いとわかれば仮家庭裁判所に「遺産相続放棄」を申請して、仮契約を破棄して相続を放棄することができます。
相続人が、被相続人との相続契約をクーリングオフのような形で遺産相続をやめたい時、つまり遺産相続放棄をしたい時は、相続の開始を知った時から、つまり故人の死亡を確認した日から、三か月以内に「相続放棄申述書」を家庭裁判所に申請し、裁判所が本人の意思に基づいた申請であると確認すれば遺産相続放棄ができます。

 

相続放棄があると各相続人の相続分が変わる

相続放棄は各相続人が個別に申請します。相続放棄が認められた相続人は、最初から相続人でなかったことになりますので、各相続人の相続分は、相続放棄する前と変わります。
相続を完全放棄せず「遺産の範囲内で、債務を負担する」という限定相続も、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して認可をうけることで実現できます。
「遺産相続放棄」は各人の申請ですが、限定承認申述は相続人全員の合意が必要です。
”遺産相続の仮契約は、3か月以内であれば、家庭裁判所に申請してクーリングオフできます”が、放置していれば遺産を相続したことになり、債務を負担しなければならなくなります。債務が多いなと感じたら、すぐに専門家に相談した方がいいと思います。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑