遺産相続期限

遺産相続期限とは何か?

遺産相続の期限知ることは必要不可欠です。相続には様々な手順が民法や相続税法などに定められております。葬儀が終わって一段落すると具体的な法律上の手続きを行わなければなりません。なかには期限内に定められた手続を行わないと不利益を被るようなものもあります。遺産相続の期限が伴う手続きの主なものとしては次のようなものがあります。
まず、第一が遺産相続放棄の手続きです。遺産相続は、被相続人が死んだときに保有していた財産を、被相続が息を引き取った時に正の財産も不の財産も、内容が不明な状態で包括して引き継ぐことです。
故人の遺産を調査した結果、不の債務が正の財産よりも多い場合など、遺産を相続したくない場合は「遺産相続放棄」をすることができます。また、債務の内容が不確かな場合には正の財産の範囲内で債務も相続するという「限定承認」をすることができます。
いずれの場合も、相続人が被相続人の死を確認してから、つまり相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請します。これが遺産相続の期限です。3か月をすぎますと相続人は相続を承認したことになり、債務の弁済責任も相続してしまいます。遺産相続の期限として覚えておく必要があります。

 

相続税の納税申告期限は10ヶ月以内

相続税の申告・納税は被相続人の死後10ヶ月以内に行わなければなりません。相続人は、各自、10ヶ月以内に現金で納税しなければなりませんが、延納や物納をする場合は申告期限までに申請書を提出し許可を受けなければなりません。
したがって、遺産相続の期限までに分割協議が整わない場合は、暫定的に分割して納税して、後日協議が整った時点で修正申告する必要があります。遺産分割協議が納税申告期限(10ヶ月)までに整っていなければ、「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地の評価減」「特定事業用資産の特例」など相続税の軽減特例が受けられませんが、3年以内に協議が整えば、特例を適用する申告内容に訂正することができます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑