遺産相続権

遺産相続権とは何か?

故人の残した財産を相続することができる権利を遺産相続権といいます。故人となった被相続人の相続の権利を持つ人は、被相続人が遺言で遺産を贈与すると指定した人と遺産を引継ぐことを義務づけられた法定相続人です。
人が死ねば、その人が所有していた財産は宙に浮きますので、国は、故人の財産を丸ごと引き取らせる人を法で指定して相続人にしています。それが法定相続人です。
遺言で贈与を受ける人は、被相続人から遺産相続権を与えられた人ですが、法定相続人は遺産引取り義務を課せられた人であり、国から遺産相続権が与えられた人です。

 

被相続人に配偶者も兄弟姉妹もいない場合、国が相続する

被相続人の遺産を相続しなければならない法定相続人には、故人と血縁関係がない配偶者相続人と血のつながりのある血族相続人があります。
被相続人と共同生活をしてきた配偶者は生存している限り被相続人の遺産を引き継ぐ義務がありますが、血族相続人は相続順が上位の人が被相続人の遺産を引き継いでくれれば、遺産を引き継ぐ必要が無くなるため相続の権利もなくなります。
相続権を与えられた第一順位の血族相続人は、被相続人の子どもと孫、曾孫という直系卑属です。遺産相続の基本は被相続人の配偶者と子どもが相続するのが基本ですが不幸にして、被相続人に遺産を相続する直系卑属がいないときは、第二順位で被相続人の父母や祖父母という直系尊属に相続の権利が移ります。そして、被相続人に直系の血族がだれももいない場合には、第三順位で被相続人の傍系である兄弟姉妹に遺産相続権が移ります。兄弟姉妹には遺留分が認められていませんので、被相続人が配偶者の将来を考えて「全財産を配偶者に相続させる」と遺言しておけば、兄弟姉妹の相続の権利はなくなります。
被相続人に配偶者も兄弟姉妹もいない場合、被相続人の遺産相続権は国に移ります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑