遺産相続確定申告

遺産相続 確定申告とは何か?

相続税は、被相続人が死亡して相続が発生した場合に、遺産が{3000万円+600万円×法定相続人の数}で計算した基礎控除を超えるときは相続税の申告と納税が必要になります。
遺産の中には被相続人の死亡前3年以内に被相続人から贈与により取得した財産や相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の額を含みます。

 

相続税の申告は被相続人の住所地を所轄する税務署で行う

基礎控除額を越える遺産を取得した人は、相続発生後、すなわち被相続人の死亡を確認した日から10ヶ月以内に、相続人の住所地にある税務署ではなく、被相続人の住所地を所轄する税務署に申告しなければいけません。被相続人の死亡の時における住所が日本国内にある場合は、財産を取得した人の住所地を所轄する税務署ではありません。このような遺産相続の申告を確定申告という人もおられますが、確定申告は所得に対して使用される言葉ですので遺産相続により取得した財産は所得ではなく継承ですので、遺産相続では確定申告の必要はありません。
ただし、賃貸の用に供している不動産を所有していた被相続人が死亡した場合は、所得が発生しますので遺産相続でも確定申告が必要になります。
遺産分割が確定していない場合、相続財産は各共同相続人の共有ですので相続財産から生ずる所得は、各共同相続人にその相続分に応じて帰属するものとなります。遺産分割が確定するまでは、共同相続人がその法定相続分に応じて確定申告することとなります。
相続遺産による所得収入が発生する場合は遺産相続で確定申告が必要になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑