遺産相続税計算

遺産相続税計算とは何か?

遺産相続税計算は、次の三段階に分けて計算していきます。
①課税価額の計算—–遺産の中で課税対象となるものの総額を計算します。
②相続税総額の計算—課税価額から基礎控除額を差し引きます。
③納付税額の計算—-相続人ごとの納付税額を計算します。

 

1.課税価額の計算—–遺産相続税計算のベースとなる相続財産を計算します
 「課税価格」=「本来の相続財産」+「みなし相続財産」 +「相続開始前3年以内の贈与財産」+「相続時精算課税による贈与財産」-「非課税財産」-「債務・葬式費用」です。

 

2.相続税総額の計算—–納税しなければならない合計の遺産相続税計算をします。
課税遺産総額=「課税価額」-基礎控除額(3000万円+(600万円×法定相続人の数))
  遺産相続税計算で算出した課税価額が基礎控除額より少なければ相続税はかかりませんので相続税を申告する必要はありません。

 

相続税額の算出

 次に、相続は法定相続分で相続されたという前提で、各相続人が取得した相続額を計算し、速算表の税率かけて各相続人の税額を算出します。各相続人の支払う相続税を合計したものが、被相続人の遺産相続人が納税する合計額になります。

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

 

3.納付税額の計算
 納税総額が決まりましたので、実際に相続した財産比率で按分して、各相続人の相続税負担額が決まります。これで各相続人の一応の納税額がありますが、ここから各相続人の個別事情による調整があります。遺贈などで贈与された相続人が一親等以外の場合は二割加算がおこなわれ、配偶者控除や未成年者控除、障碍者控除が行われて納税額が決まります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑