遺産相続税

遺産相続税とは何か?

被相続人の遺産を相続する時に原則としてかかるのが相続税と言います。相続税のかからない財産もあります。相続税のかからない財産としては、皇室の「三種の神姫」。墓地や墓碑、仏壇仏具という祭祀具、香典も常識の範囲内であれば相続税はかかりません。
宗教や慈善事業など、公益事業用の財産。国や特定公益法人に寄付した相続財産、心身障害者の給付金受給権、生命保険金のうち、法定相続人一人当たり500万円までの金額。死亡退職金のうち、法定相続人一人当たり500万円までの金額。などがあります。

 

みなし相続財産とは何か?

遺産相続税がかかる財産には、不動産(土地や家屋)、動産、現金、預貯金、有価証券、債権、その他財産権、被相続人が受け取る保険金などがあり、これらの財産について、それぞれ定められた評価法に基づいて計算された評価額に遺産相続税が課税されます。
遺産相続税がかかる財産としては、本来の相続財産の他に、財産とみなされる「みなし相続財産」があります。相続とは、被相続人から相続人に、財産に属した一切の権利義務を引き継ぐことです。権利とは広い意味の財産であり、義務とは金銭債務です。
みなし相続財産には、生命保険金、死亡退職金、弔慰金があります。
被相続人の生命保険金の受取人が相続人である場合、相続人の「みなし相続」になり、法定相続人一人当たり500万円までは非課税です。受取人が、相続人以外の場合「みなし遺贈」になり、遺産相続税がかかります。死亡退職金も、受取人が相続人なら「みなし相続」で、法定相続人は500万円まで非課税です。相続人以外なら「みなし遺贈」です。
弔慰金は業務上死亡の場合支払われますが死亡時の給与三年分を超えた分は退職金とて課税されます。業務上でない場合は、半年分の給与を超えた分が退職金として課税されます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑