遺産相続

遺産相続とは何か?

遺産相続とは亡くなった人が遺した財産を受け継ぐことをいいます。
故人の遺産を受け継ぐ人を相続人、遺産を相続してもらう故人を被相続人といいます。
わたしたちは、これを相続人の権利と考えますが民法ではこれは相続人の果たさなければならない義務として定められています。民法は「相続人は相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」として、亡くなった人の財産は相続人が相続しなければならないと相続人に遺産相続義務を負わせています。
相続開始の時というのは、役所に死亡届を出した時でなく、被相続人が息を引き取った時。つまり、相続人は、被相続人が息を引き取った時から、財産の中身が分からないまま、故人の資産や借金、借地権など財産に関する一切の権利と義務を否応なく引き継がされます。
相続人には、故人が遺言で指定した「指定相続人」と民法で定めた「法定相続人」の二つがありますが、遺産相続義務を課せられているのは法定相続人です。

 

遺産相続の考え方と順位

国の考えは「亡くなられた人の遺産は相続人が遺産相続して処分しなさい。遺産相続において先ず、故人の配偶者と子供がしなさい。子供も孫もいなければ、故人の両親や祖父母がしなさい。両親も祖父母もいない場合は故人の兄弟姉妹や甥・姪が処分しなさい。配偶者も誰もいなければ国で処分します」ということです。
此れが遺産相続順位です。本来は相続人の権利ですが、そこには国に課せられた義務もあります。幼子や配偶者のお腹の胎児にも相続義務がありますので、親や後見人が義務の遂行を手伝います。相続義務は、意識していなくても突然やってくることもあります。昨今は一家全員が事故や災害で亡くなることがありますので、ある日突然、弁護士から叔父・叔母の遺産を相続する連絡を受けることもあります。遺産相続を課せられた義務という視点で見ると遺産相続についての理解は深まります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑