遺産

遺産とは何か?

遺産とは亡くなった人が、亡くなった時に保有していた財産のことをいいます。亡くなられた人は遺産を相続してもらう立場ですので被相続人と言い、被相続人の保有していた財産、すなわち遺産を相続する人を相続人といいます。
相続人には被相続人が遺言で指定した「指定相続人」と民法で相続しなければならないと定められた「法定相続人」がいます。遺産とは相続に原則があります。その一つは、法定相続人には、被相続人が死亡した時、所有していた全財産を相続する義務があるということです。

 

法定相続人は死亡した被相続人の全財産を相続する

法定相続人が相続する遺産とは、被相続人が死亡した瞬間に保有していた財産であり、役所に死亡届が出された時点の財産ではないということです。もう一つは、法定相続人は死亡した被相続人の全財産を相続しなければならないという義務があるということです。即ち、子の遺産は要らないとか、この遺産は相続するといった選択はできません。遺産とは財産であるゆえに自分がもらえるプラスの財産だけを考えがちですが、借金も財産であり、借地権や借家権といった権利や分割払いの債務なども財産になります。
つまり、遺産とはプラス財産もあればマイナス財産もあり、プラスになる権利もあればマイナスになる義務も含まれています。相続人は全財産を一旦相続し、後日調査して借金が多いとわかった時は、遺産放棄を行います。プラス遺産には、現金、預貯金、株券などの有価証券、投資信託、貸付金、本人が受け取る生命保険、土地や家屋、自動車、家財、貸し駐車場の権利、家賃収入、借地権や借家権など保有している権利が含まれます。相続人にとってマイナスになる財産としては、支払う義務のある借金や未払ローン、未払金などが含まれます。これら故人が遺した全ての遺産は、被相続人が死亡した時、相続人に相続されます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑