遺留分放棄

遺留分放棄とは何か?

遺留分放棄とは与えられるはずの遺留分を放棄することをいいます。遺留分が侵害されたときは回復請求できますが、遺留分放棄をすることもできます。遺留分とは、法定相続人が、遺言があるため遺産相続が全く行われなくなる事態を回避するため、いかなる遺言があっても「相続人には最低限、これだけの遺産は貰える権利がある」と定めた民法で決められた相続分のことです。
もし、相続人が相続遺産を集計して自分が相続できるはずである最低限の相続分である「遺留分」を計算し、自分が相続した額が遺留分に満たないとわかった時は、贈与を多く受けた相続人に「自分の貰うはずの遺産を返してください」と請求する権利が生じます。

 

遺留分放棄は家庭裁判所へ申入が必要

例えば、法定相続分を守るには家と宅地を売却して現金化して分配しなければならないとき、被相続人は「配偶者に住居と貯金○○万円を贈与する」と遺言します。都会では土地が高いため、配偶者がこのような遺言をしたとき、相続人の遺留分を侵害する可能性があります。相続開始後、遺留分を侵害された相続人が、配偶者相続人に、「わたしの分を返してください」という「減殺請求」はしないと意思を表示すれば丸く収まります。が、相続が開始されると相続人は遺留分の権利を主張したい衝動に駆られ、配偶者などが口を出しはじめると、相続人が自制心を失う事態も出かねません。
このような事態を招かないため、相続開始前に相続予定者が集まって話し合いをし「遺留分放棄」を取り決め、家庭裁判所に申し入れて、遺留分放棄の許可を取ります。
裁判所は相続予定人の遺留分放棄が他から強要されたものでなく、申立人の真意に基づくことを確認して認可を与えます。遺留分放棄は全員でなく、一人だけの放棄もできます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑