遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは何か?

遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害された相続人が遺留分に満たない分を取り戻すため、多くの遺産を相続した人が受けた贈与の減殺(減らすこと)を請求することをいいます。
減殺請求権は、遺産相続が開始された後、自分には減殺すべき贈与があることを知った時から一年の間に減殺請求権を行使しない場合は時効となり請求権を失います。
また、遺産相続開始から十年たてば、遺留分減殺請求の権利は消滅します。
「減殺すべき贈与、または遺言による贈与があったことを知った時」とは、実際に知っていなくても、周囲の状況からみて当然知ることができたはず、という場合も含まれます。
故人が亡くなってから一年間ですので、あっという間に、時効が成立してしまいます。疑念があれば、できるだけ早く専門家に相談し、遺留分減殺請求の手続きをする必要があります。

 

遺留分を減殺請求するときの注意点

遺留分減殺請求は、多く相続した人の贈与された遺産から減殺することですが、遺留分権利保有者だからといって、「あの遺産を返せ」といって財産を選択しての減殺はできません。生前贈与された遺産も含まれますので減殺する場合は新しく贈与された物から順に減殺してゆきます。すなわち、遺言による贈与から先に減殺し、それでも減殺しきれないときは、生前に贈与を受けたものからの減殺を請求します。遺留分減殺請求を受けた相続人は、贈与金でなく贈与を受けた物件の価額を遺留分権利者に返還することもできます。
遺留分減殺請求を求める相続人は、まず、相手がたに遺留分を侵害している事実を明記した内容証明郵便で通告してから減殺請求をします。相手が「はい、わかりました」と請求に応じてくれればいいですが、一般的には話し合いでの折衝になります。話し合いで折り合いがつかなければ、遺産分割の調停になり、調停で決着できないときは審判になります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑