遺留分

遺留分とは何か?

遺留分とは、被相続人が遺言を書くことによって、自分の財産を処分できますが、配偶者や子供など遺族である法定相続人に分配するための遺産は、遺言で贈与する金額がから除外して、留保しなければなりません、このことをいいます。
日本は私有財産制ですので、自分の財産は自分の意思で処分できます。生前は自分で処分でし、死後は遺言をして、自分の意思に基づいて財産を処分できます。いっぽう、被相続人には、自分の配偶者や子どもの生活を守る義務があります。
それは死後も同じですので、被相続人には法で定められた相続人には最低限の財産を相続させる義務があります。被相続人は遺言により、財産を自分の思う通りに処分することができますが、配偶者や子供など、共同生活を営んできた相続人の生活を守ってゆくため、彼らに最低限の財産分は渡さなければなりません。

 

遺言があっても相続人に最低保証される相続分

被相続人は遺言で相続人と相続分を指定できますが、遺言をする場合は法定相続人に相続させる最低限の遺産分、遺留分を遺さなければなりません。被相続人に全遺産を処分権を認めると「全財産を愛人に贈与する」と遺言すれば、遺族には一銭の金も入らず、住んでいた家も明け渡さなければならなくなり、配偶者や子どもは生活できなくなります。
民法は、このような事態をなくすため、故人の残した財産には家族の寄与した分も含まれているとし、また、家庭を営んできた故人には配偶者や子どもが将来安心して生活していけるように相続に於いても配慮する義務があるとして、被相続人の遺言による財産自由処分権を制約し、遺言で贈与するときは相続人に贈与する最低相続分を留保しなければならないと定めています。
遺留分は遺言があっても相続人が最低保証された相続分です。相続人の遺留分を侵害した部分の遺言による遺贈分は無効になります。遺留分を侵害された相続人は、多く相続した相続人に侵害された遺留分の返却請求できます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑