遺言ノート

遺言ノートとは何か?

遺言ノートとは自分の死後、のこった家族に伝えたいと考えたことを日頃から書いておくものをいいます。遺言というと遺産相続や財産処分のことを連想しますが、遺産相続や財産処分以外でも、自分が死んだ後で家族が困らないように残しておいた方がいいメッセージがあります。
遺言書は民法で定められた方式が守られていれば、レストランのナプキンに書いても、包装紙に書いても有効とされていますので、遺言ノートに遺産相続や財産処分などの項目を民法で定められた方式で書いておけば遺言としては有効になります。
しかし、遺言書は相続人の今後の生活を考えて書き残す「贈与誓約書」ですので、遺言ノートでなくきちんとした紙に書いて、封筒に入れて封印して残すのが遺族への愛情です。

 

エンディング・ノートとも言われます

遺言ノートは、人生の終わりが近づいた人が、後にのこる家族に伝えておきたいことをつづった備忘録のようなものです。急に思い付いて遺言書を作成しようとしても、あれも書きたい、是も書きたいと考えは容易にまとまりませんので、日頃から何を遺言として残そうかと考えたことを書き遺しておいて、時期を見て「公正証書遺言」などの手続きをして遺言として残すのがいいのではないでしょうか。
遺産相続以外であっても遺族への伝言が書いてあれば、遺された遺族が遺言ノートで故人の意思を確認し、遺族が同意すれば故人の意思は実現されます。
このようなノートは自分に万一のことがあったときも、家族が困らないように、言っておきたいこと、伝えたいことなどを書くノートであり、「エンディング・ノート」とも言われます。「死亡通知はこの住所録の人。このメールアドレスの人。香典は辞退してくれ」、「葬儀は仏式で家族葬。葬儀では○○の曲を流してくれ」とか、蔵書や遺品の処分方法などを、遺った家族のために書き残しておいたほうがいいでしょう。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑