遺言事項

遺言事項とは何か?

民法の形式を順守して書かれた遺言書のなかには、法的拘束力を持つもの遺言と法的拘束力を持たない遺言があります。法的拘束力を持つものを「遺言事項」といいます。
もしも遺言事項以外の項目が書かれていても、方式が整っていれば遺言としては有効であり、その部分に法的拘束力がないだけです。
民法で定められた方式に基づいて作成されたものは、被相続人が決め、民法が裏書きした「私的相続法」であり、相続人は従わなければなりません。
遺言事項として民法で定められている項目は、故人が遺産を贈与する場合の項目であり相続に関する事項、身分に関する事項と財産処分に関する事項の三つにわかれています。
相続に関する遺言事項とは、相続についての基本的な事項であり、それぞれの相続人の相続分を指定できます。長男は私の面倒を見てくれたし、残った妻の面倒も見てくれるので、他の子供たちより多くの財産を贈与すると相続分を指定できます。

 

遺言事項は専門家に相談して作るのが賢明

また、法定相続をすれば住んでいる家を売り現金化して分配しなければならなくなるので妻に家を相続させるとか、株券は誰に、保険金は誰に、仏壇とお墓は長男に、猫と犬は誰になどという具体的な財産の分割を指定できます。
遺産を当てにしていた相続人の見込みが外れますが、遺言をすれば法定相続人以外の人への遺産贈与や寄付をすることもできます。相続人には遺留分がありますので、遺留分を侵害しているかどうかをチェックして侵害していれば、その分は回復させられます。
また、遺言をすることにより、婚姻外で生まれた子供、(胎児を含む)を認知することができますので、認知された非嫡出子や胎児には、相続権が発生します。
遺言事項について遺言の方式はサンプルをまねれば整いますが、内容の不備や誤りは専門家に相談しなければ分かりませんので、専門家に相談して遺言書を作成するのが賢明だと思います。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑