遺言執行者

遺言執行者とは何か?

故人の残した遺言に基づいて遺産分割を忠実に実行する人を遺言執行者といいます。それを誰にするかは遺言で指定することができます。適当な人が思いつかないときは、指定を第三者に委託する遺言もできます。
故人が遺言で指定していないときは、相続人が協議して遺言執行者を選任いますが、相続人の間で協議が整わなければ家庭裁判所に選任を依頼します。
 遺言執行者は、遺言内容を周知したうえで、被相続人の相続財産の実態を明らかにするため、相続財産の目録を作成して相続人に配布し、その後、相続財産の管理を行い、遺言執行に取りかかります。先ず、第一の業務が遺言書にもとづいての相続遺産分割です。
民法の相続規定と遺言の趣旨に従って、金銭を配分し、必要なら不動産を売却して現金化し、不動産登記をして遺言内容を実行します。相続人は遺言執行者が行う財産処分や、その他、遺言を執行する行為を妨げてはならないと決められています。
遺言執行者には相続人の許可をえなくても、遺言内容を実行する権限があります。

 

遺言執行者は相続人の許可なしに遺言内容を実行します

相続財産に賃貸不動産が含まれておれば、不動産登記手続きと貸主との契約変更手続きをしなければなりません。その他、相続財産が他人に侵害されていると判断すれば回復手続や訴訟をします。子供を認知する遺言があれば、認知に必要な届け出を役所に行います。
財団法人を設立する遺言であれば、設立のための手続きをします。
 遺言執行の仕事は責任が重い仕事であり、それ相応の報酬を支払う必要があります。
遺言書を書いた時に相談して決めた金額なら問題はありません。相続財産の事情、仕事の難易度、その他の事情を勘案して報酬額を決めてください。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑