遺言書の作り方

遺言書の作り方とは何か?

遺言書の作り方としては字を書くことができれば相続人や親族に遺言を残したと知られずに遺言書を作ることができます。遺言書の作り方においては方式が満たされているということと、遺言内容が合法的かどうかは別の問題になります。例えば、民法の方式を満たした遺言書に「長男に全財産を贈与する」という遺言をしても、民法で保証された他の相続人の遺留分を侵害します。
遺産分割協議の時に、相続人から異議が唱えられると長男は贈与された遺産から、他の相続人の遺留分が満たされるまで返還しなければなりません。相続人の争いを避けるために作成したはずの遺言が、民法の規定を知らなかったばかりに、相続人の間に新たな争いのタネをまいてしまいます。
遺留分の額は財産総額に法定遺留分の割合を乗算したものですが、財産総額には一年以内に贈与された金額とか、故人が生前に与えた特別受益が加算されます。

 

遺産相続についての法律知識がないと、遺留分計算ができない

遺産相続についての法律知識がないと、遺産総額が計算できず、遺留分計算ができないため、遺留分を侵害した遺言かどうか判断できません。遺言書の作り方については守秘義務のある行政書士さんに、自筆遺言書が民法に規定された方式に合致しているかどうか、また、遺言内容は合法的かどうかを確認していただくのが賢明なやり方です。
遺言書の作り方として、自分で遺産相続の知識を勉強して作成せず、専門家である弁護士や行政書士に自分の思っていることを口述し、遺言書原稿を作成していただいて、清書すれば、費用が掛かりますが確実な遺言書が作れます。自筆証書遺言書は自己責任で管理しますが、死後に発見されないとか、見つけられて変造され、廃棄されるリスクがあるため、このようなときには貸金庫に保管しますが、遺言の原稿を作成した弁護士や行政書士に遺言書を預け、死後に遺言執行を依頼することができます。依頼するのは、弁護士でも行政書士でもかまいませんが、行政書士の方が費用が安くて済みます。これも遺言書の作り方として知っておくべきことでしょう。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑