遺言書の検認

遺言書の検認とは何か?

自筆遺言書や秘密証書遺言書が見つかった場合、相続人は遺言書を家庭裁判所に持参して、開封してもらい、中身がどうなっているかを調べて記録する遺言書の検認を受けなければなりません。公正証書の遺言は、公証人が公正証書遺言として作成し、遺言書は公証役場で保管されていましたので、裁判所での開封手続きも検認も必要ありません。
自筆証書遺言や秘密証書遺言は、遺言書を封筒に入れて封印して、貸金庫などに保管するか弁護士など他人に保管を依頼しますので、改ざんや廃棄されるリスクがあります。
遺言が見つかった後でも、改ざんされる恐れがありますので、民法は、遺言書が見つかった場合、相続人は遅滞なく遺言者の住所を管轄する家庭裁判所に遺言書を持参して遺言書の開封と遺言書の検認を受けなければならないと定め、家庭裁判所外で遺言書を開封した人には罰金を科しています。家庭裁判所は遺言書を開封してから、遺言書の状態や中身について検査して確認し、記録して残す検認の作業を行います。

 

裁判所で遺言書の検認調書を保管する

遺言書の検認は、遺言書の封筒や用紙の種類や材質、汚れの有無や破損状態、枚数、綴じ方、筆記用具などを確認して記録し、遺言内容、日付、署名、印鑑などについて特記事項があれば記録し、遺言書の実物大コピーをとって、遺言書の検認調書を作成して遺言書を相続人に返却し、裁判所で遺言書の検認調書を保管します。
開封された遺言書の内容を確認して、記録として残すものであり、訂正ミス、印鑑の押し忘れがあっても、そのまま記録します。たとえば、自筆遺言書で、明らかに他人の筆跡が混じっていても、その状態のままコピーして残します。
遺言書検認調書は、発見された遺言書の状態を証拠として記録したものであり、検認以降に、改ざんされるのを防止するために行われます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑