遺言書作成費用

遺言書作成費用とは何か?

遺言書作成費用は遺言を作成する時に発生する費用のことをいいます。民法で認められている遺言書には自筆証書遺言書、秘密証書遺言書、公正証書遺言書の三つがあります。公正証書遺言書は、遺言者が口述したものを公務員である公証人が遺言書として作成しますので、間違いない遺言書が作成できます。公正証書遺言の場合、各種証明書の提出なども必要であり、弁護士や行政書士に支援をしてもらえば安心して進められます。
自筆遺言書や秘密証書遺言の場合は、素人が作成したものは方式や内容に間違いが発生する可能性があります。遺言書が民法で定められた方式を満たしていないとか、遺言内容が相続人の遺留分を侵害している遺言は無効になります。
このようなリスクを避けるには専門家である弁護士や行政書士に相談して作成することが賢明です。遺言書作成費用は発生しますが、必要なコストとして考えましょう。自筆証書遺言なら弁護士や行政書士に遺言内容を説明して遺言の原稿を書いてもらい、それを自筆で清書し、弁護士や行政書士に記入漏れや印鑑漏れを確認してもらって、封筒に入れて封印して保管してもらえばいいでしょう。

 

弁護士に対する費用は普通は遺言書作成費用は10万円~20万円

秘密証書遺言の場合は、第三者に代筆してもらう事ができますので、弁護士や行政書士に代筆してもらえます。遺言書公証してもらうときの証人も、弁護士や行政書士の先生に依頼すれば、もう一人の証人も依頼できます。作成した遺言書は秘密保持義務がある弁護士に保管を依頼し、自分が亡くなった時には、親族に連絡してもらって家庭裁判所に遺言書を持参して、開封・検認手続きを依頼し、場合によっては遺言執行者になってもらうことも可能です。
弁護士に対する費用は普通は遺言書作成費用は10万円~20万円ですが、相続金額によって遺言書作成費用が異なる場合もあります。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑