遺言書書き方

遺言書書き方とは何か?

遺言書の書き方というのは、遺言書をどのように書くかということです。遺言書の用紙や筆記用具はこれでなければならないという規定はありません。遺言書の書き方を事前に知っておくのは、急に遺言を書く必要に迫られた時を想定し、いつ、どこでも法的に有効な自筆遺言が書けるようにするためです。
遺言はレストランの紙ナプキンやチラシ広告の裏紙にかいても有効であり、筆記用具がなければ化粧用の眉墨で書いても、民法で定められた遺言書の方式を満たしてれば有効な遺言書になります。
遺言書の書き方として知っておきたいのは、遺言であると認められ基本は、これは遺言であるという意味の言葉が書いてあり、遺言したい内容が記されて、作成年月日の日付、署名、押印があれば民法の方式は満たされますので遺言になります。

 

遺言方式が守られているのが最低限度必要

言うまでもありませんが、遺言としての方式が守られていることと、遺言の内容が認められるかどうかは別の問題です。
緊急に遺言しなければならない場合は別として、通常は遺言書の書き方としてはコピーしやすいA4~B5サイズの破損しにくい用紙を使います。手書きですので罫線があれば書きやすいでしょう。筆記用具としては、消すことができて偽造されやすい鉛筆は避けるのが無難ですので、書きやすいペンやボールペンを使います。
遺言書が作成できたら、作成した年月日をかいて署名捺印します。印鑑は三文判でも認印でも有効ですが、「遺言書を偽造して押印した」と指摘されないために実印や銀行印を使用した方が無難です。
最後に日付、署名、捺印を再確認して、封筒に入れて封印し、封筒の表面に「遺言書在中」と記入し、裏面には「本遺言書は家庭裁判所に提出して、開封、検認すること」と書いて、封筒を保管します。遺言書の書き方としては以上ですが、遺言書は死後に必ず、相続人立会いの元に開けられる銀行の貸金庫に入れておくか信頼できる新日本総合事務所に保管を依頼するのがよいでしょう。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑