遺言書書式

遺言書書式とは何か?

遺言は遺産贈与誓約書ですので、民法は遺言の形式を厳格に定めています。一般的な遺言方式には、自分で作成して管理する自筆証書遺言と公証人が作成して管理する公正証書遺言、そして自筆または代筆で作成して、遺言の公証を受けて、自分で管理する秘密証書遺言の三種類があります。
公正証書遺言は、公証人が作成しますので法的問題は起こりませんが、自筆遺言と秘密証書遺言の場合、民法で定められた遺言書要件を満たしていないと無効になります。

 

私文書である遺言書には書式の規定はない

私文書である遺言書には書式の規定はありませんので、遺言書の書式は自由です。自分で遺言書の書式を作成しても、本に出ている遺言書の書式の例をもとに書くこともできます。
表題は遺言状でも、遺言と分かればよく、表題がなくても書類のなかに遺言である旨が明記されていれば、遺言書と認められます。
自筆遺言書であれば、縦書きでも横書きでも、かなでもローマ字でも、ボールペンでも筆でも、自筆で判読できる文字で書いてあれば良いのです。
本来は契約書ですので、契約書としての要件を満たしていなければなりません。認められる要件は遺言状であることが明記されていること、遺言したい内容が書いてあること、作成年月日の日付と作成者の署名、押印があることです。
遺言したい内容の書式については本などにでている文例が参考になります。遺言状の内容で問題が起きるのは作成した後の加筆訂正です。
遺言状を加筆、削除して訂正する作業は、日頃からやり慣れていない人には結構難しい作業であり、訂正印の押し忘れなど間違いが起こる可能性が高い作業です。訂正ミスの遺言が開封されると、「誰が改ざんしたのか」という犯人探しになり、トラブルに発展することもありますので、短い文ですから、訂正でなく全面書き直すのが賢明です。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑