遺言相続

遺言相続とは何か?

遺言によって相続をすることを遺言相続といいます。遺産を引き継ぐ権利を持つ人は、故人が遺言で指定した相続人と民法で相続義務をかせられた法定相続人です。遺産相続には遺言で指定して相続させる遺言相続と法定相続があります。遺言がなければ法定相続分での相続になりますが、遺言があれば、相続人は遺言を履行して遺言相続を強要されます。つまり、相続人は被相続人の遺言に不服であっても、遺言を履行しなければなりません。日本は私有財産制ですので、死後に遺言を残すことにより、自分の遺産を、法で定められた範囲内で自由に処分することができると民法は保証しています。民法は、被相続人が財産を残せた背後には配偶者や家族の寄与があり、また、被相続人には配偶者や家族の将来生活を保障する責務があるとして、遺言があっても配偶者と子どもには、一定の遺産を受け取る権利を「遺留分」として保障しています。

 

遺産相続争いを防ぐには遺言相続しかない

被相続人は、配偶者と子どもには法定相続分の二分の一を遺留分として相続させなければなりません。遺言で遺留分を侵害された相続人は遺留分減殺請求を行うことにより、侵害された遺留分を取り戻すことができます。遺言が相続人の遺留分を侵害していれば、争いを避けようとして行ったはずの遺言相続で新たな争いを招くことになります。
遺言は法的拘束力のある文書ですので法が定めた方式で作成しなければ無効になり、方式が正しくても内容が正しくなければ、その部分の遺言は無効になります。
まだ、まだ日本では遺言書作成に関心を持つ人は少ないようです。それは被相続人が高齢者で、遺言を書く習慣のなかった社会で育ったからかもしれませんが、遺産相続争いを防ぐには遺言相続しかありません。この相続は家族状況を熟知した被相続人が家族の行く末を考えて作成したオーダーメイドの相続であり、相続人には遺言を履行する義務がありますので、相続人の間に起きる遺産相続のトラブルを防げます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑