離婚相続

離婚相続とは何か?

夫婦は血縁関係がない他人が婚姻届で結びついたものですので、婚姻が解消してしまえば他人に戻ります。離婚時に協議して、財産分与や慰謝料をどうするかを取り決め、そして子どもの「養育費」負担などを決めて清算してしまえば、後は他人ですので相続問題は発生しません。離婚で相続が問題になるケースは別れた夫婦に子供がいる場合です。
親が別れても実子が血族相続人であることは変わりません。別れた妻が再婚して、子どもが前妻の夫を養父にした場合でも子どもは実子としての相続権を持ったまま、養子になれば養父の財産も養子として相続権を得ることになります。
つまり、前妻との間に子がいた場合、子どもは実父の血族相続人ですので、父の遺産を継ぐ義務と権利があります。父が再婚せず、養子も迎えなければ遺産は実子しか相続しませんので、離婚で相続が問題になることはありません。

 

再婚すると離婚が相続が問題になる

離婚で相続が問題になるケースは、実父が後妻を迎えた場合です。後妻には配偶者相続権がありますので、相続人は後妻と前妻の子どもになりますが、後妻に連れ子がいて、養子縁組をすれば、相続権のある子どもの数は増え、あらたに生まれた子にも相続権があります。離婚で相続が問題になるのは、後妻の家族と前妻の子の遺産相続です。
一般的に、前妻の子は父親や後妻家族には良い感情を持っておらず、後妻の家族も前妻の子と音信不通というのは珍しくありません。後妻は前妻の子は相続人から排除したいのですが実子は被相続人の直系卑属ですので相続権は子から孫へと代襲相続してゆきます。
後妻を娶れば前妻の子との間で相続問題が起きるのは必定ですので、後妻を入籍するときは遺産相続をどうするか、専門家と相談して対策を講じておくのが最善策ですが、対策をしていなければ前妻の子を探し、専門家と相談しながら相続協議するしかありません。
相続問題は離婚自体で起きるのではなく、後妻を迎えた時に起きます。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑