養子相続権

養子相続権とは何か?

被相続人の養子は法定血族と言われ、法律で認められた相続権を持つ血族です。
養子縁組は親子関係をつくる目的で行われるものであり、相続においても実子と同じ扱いになり、養子の相続権は実子と同等です。
ただし、役所に養子縁組の届け出をして受理された者は認定され、届け出が受理された日から養子の相続権が生じますが、養親と同居しているだけでは子供と認められないため養子の相続権はありません。たとえば、女性が子供を連れて再婚した場合、その連れ子と再婚相手である男性には血のつながりがないため、連れ子は実父と母の相続人にはなれますが、再婚相手である男性の相続人にはなれません。

 

子連れ再婚は、相手と連れ子間で養子縁組が必要

子連れで再婚するときは、相手の男性と連れ子の間で養子縁組を行えば、連れ子にも相手男性の実子と同等の養子の相続権を与えることができます。
普通養子と特別養子の2種類あります。普通養子縁組を交わし、養親の嫡出子の身分を取得した子どもは、実親との親子関係も断ち切ったわけではありませんので、養親相続権だけでなく、実親が亡くなった場合にも相続の権利が発生します。
一方、特別養子とは実親との親子関係を消滅させる養子制度ですので、特別養子になりますと養子相続権は生まれますが、実親の相続権は失います。
また、遺産相続人が多ければ、相続税の基礎控除が増えて税金が減らせます。
それを利用して孫などと養子縁組をして、養子相続権を獲得させて節税する人もいますので、国は数に制限は設けませんが、相続税で基礎控除できる数を制限し、被相続人に実子がいる場合、基礎控除できるのは一人とし、被相続人に実子がいない場合、基礎控除できるのは二人にしています。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑