養子相続

養子相続とは何か?

被相続人の子どもは、配偶者とともに第一順位の血族相続人です。被相続人の遺産相続する権利がある子どもには、被相続人の妻がお腹に宿している胎児も含まれます。妻のお腹にいる胎児は被相続人が死亡した数秒後に生まれる可能性もあります。
胎児が生まれなければ相続人になれないという規則にしますと数秒早く生まれていたら相続人になれたという事も起こり得ます。何時から何時までの胎児を子どもとして認めるか区切ることができないため胎児は全て誕生したものとして相続人になります。しかし、不幸にも死産になったときは相続人から外れます。

 

養子も相続の対象

子供には実子以外に養子縁組をした養子も含まれます。養子も相続の対象です。法律上で認められた血族ですから法定血族と言われます。養子縁組は養親と養子との間に親子関係をつくる目的で行われるものであり、養子は相続では実子と同じ扱いを受け、相続権を持ちます。
遺産相続人が多ければ、相続税の基礎控除が増えて税金を減らせられますので、最近、では相続税の節税対策として、孫を養子にするケースが増えていました。
相続のたびに相続税を納めていたら資産は目減りして、二代も続けば遺産は激減してしまいます。遺産を息子に譲り、いずれ息子から孫に相続させるのであれば、長男の孫を養子に迎えて相続させた方が得策ではないかと考えるのは遺族の行く末を考える人なら当然考えることです。養子縁組をして相続税を減らす人が増えたため、国は相続税で基礎控除できる数を制限し、被相続人に実子がいる場合、基礎控除できるのは一人とし、被相続人に実子がいない場合は二人にしました。孫と養子縁組をして孫に相続させるのは、子孫の行く末を考えた賢い人の賢い相続法と思います。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑