住宅ローンが残っています。住宅ローンはマイナスの財産(借金)に当たりますか?

answer 人が亡くなって相続が発生したときに、よくあるプチ・トラブルが「ウチには財産がないから」といって、後になった税務署や金融機関から指摘を受けることです。これには2つのパターンがあり、ひとつは自宅の土地建物を財産と認識していないケース、もうひとつは住宅ローンがそのままになっているケースです。
そうです。多くの方は住宅ローンという負債(マイナスの財産)を保有しているのです。では、住宅ローンを抱えている場合に、遺言にはどう書いたらいいのか?という点について解説しましょう。

 

住宅ローンを抱えている場合のケースは2パターンある

住宅ローンを返済中に遺言を作ろうとするとき、公正証書はどのようにしたらよいのでしょうか?
これには2つのパターンがありまして、住宅ローンの契約時に「団体信用生命保険」に加入しているかどうかで対応が変わります。たいていの住宅ローンでは、この「団信」と呼ばれる団体信用生命保険に加入していますので、もしローン返済中に亡くなってしまっても、ローンの残高分が保険会社から支払われることになっていますので、亡くなることで相続人に住宅ローンの負債が残るということはありません。したがって、遺言に住宅ローンを引き継いでもらう人を指定する(書く)必要はありません。

 

団体信用生命保険に加入していない場合

もし住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入していない場合には、もしお亡くなりになると、ローン残高を保険会社が負担してくれることはありませんので、そのままローン残高がマイナスの財産として相続人に引き継がれます。
この場合は、あなたがお亡くなりになった後、引き続き住宅ローンを返済してくれる人を遺言のなかで指定しておくことが必要となってきます。
一般的な住宅ローンでは、団信に加入していますので心配いらないのですが、万が一加入していない場合には大きな問題となりますので、今のうちに住宅ローンの約款を確認しておきましょう。低金利のときに住宅ローンの借換えをしたような方は要注意です。
遺言作成の前にこのポイントは必ず確認されることをおすすめします。

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑