相続税がいくら掛かるか知りたい

相続で心配なことといえば、やはり相続税でしょうか?
税金ですから、現金で納付するのが原則ですし、相続財産の一定割合で課税されますので、まとまった金額を支払わなくてはいけないというのは頭痛のタネだと思います。「いくら掛かるか知りたい」という気持ちはごもっともでしょう。お察しします。
そんなやっかいな相続税ですが、税金の支払いを本当に厄介にしているのは納付する金額が一件あたりいくらとか、一人当たりいくら、という風に一律で決まっているのではなく、相続案件ごとに相続財産を基本にして相続人の人数や各種控除などを差し引いた上で、納付する相続税額を計算によって求めるという制度と計算の方法が複雑だからです。所得税の確定申告をしたことがある方でしたら、その制度や計算の複雑さについてはご理解いただけるでしょう。相続税の場合は、自分ひとりではなく他の相続人の分も計算や控除しないといけなくなるのでなおさら大変です。
下に、相続税額の早見表を掲載しますので、大まかなイメージをしていただけたらと思います。

 

相続税率の早見表

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

 

国税庁 相続税の申告要否判定サービス

国税庁が、相続税が発生するかどうか? また発生するとしたら幾らかかるのか? 診断するサービスを提供しています。公正証書遺言を作るために必要な書類がお手元にあれば、相続税の金額と相続税申告の要否が分かりますので、ぜひご利用ください!

国税庁 相続税の申告要否判定サービス

 

 

お申し込みはこちら

ぜひ新日本総合事務所の公正証書作成・執行支援サービスをご利用ください!

 

PAGE TOP ↑